撮影/神谷美寛

「初めて銀行で借金をした」落合務シェフが語るコロナ禍の飲食店が「本当に伝えたいこと」

約2ヶ月の休店を余儀なくされ

1月7日以降、埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県を皮切りに発出された2回目の緊急事態宣言によって、多くの飲食店が悲鳴を上げている(大阪府、兵庫県、京都府、愛知県、岐阜県、福岡県は2月28日をもって解除)。あたかも新型ウィルスまん延の根源であるかのように喧伝された外食産業のダメージは小さくない。

あまたある東京のイタリア料理屋の中でも、最も予約のとりにくい店、銀座「ラ・ベットラ」もまた、コロナ禍とは無縁ではいられなかった。現在も、3月7日の緊急事態宣言解除まで、約2ヶ月強にわたってお店は閉められている。

新型コロナに対して、「ラ・ベットラ」の落合務オーナーシェフは早くから警戒感をもっていた。去年も、最初の緊急事態宣言が発出される前の3月下旬には早々に店を閉め、1ヶ月半の自主休業に入る決断をしていたのだ。

 

ーー去年の2月、コロナが騒がれ始めたときにどんなふうに先行きを見ていましたか。

まず、当初、中国発のウィルスと言うことが心配でした。というのも中国は、すべてのデータ類を公にすることはないので、僕らは対応できない、と思ったんです。だから、これはひょっとしたら、大事になるかなと思った。

ちょうど2月末に京都で「日本イタリア料理協会」の見本市のイベントを3日間にわたってやっていたんです。けれども、イベント初日の夜、テレビを見ていたら、小池都知事が都の大規模イベントを延期、中止すると発表した。その夜、すぐにみんなを集めて、明日、明後日の2日間の見本市はやめようと会長である僕が決めた。

70、80社が参加して、もうみんな配送しちゃっていたからいろいろ不満も出たけど、謝ってとにかく中止にしたんです。僕のお店も、もし何かあったら、お客さんや従業員、契約している会社にも迷惑がかかるから、国から言われる前に休むことにしました。

編集部からのお知らせ!

関連記事