文在寅が追い詰められてきた photo/gettyimages

文在寅の“自爆”が再び…! 日米韓「崩壊」で、これから本当に起きる「危なすぎるシナリオ」

文在寅が「3.1節演説」で示した限界

韓国外交部の崔英森(チェ・ヨンサム)報道官は、今後「韓日間の正常な外交的疎通は日本の役割」と述べた。これは加藤勝信官房長官が文在寅氏の3.1節演説に対し「重要なことは、両国間の懸案の解決のため、韓国が責任をもって具体的に対応していくこと」と述べたのに答えたものである。

3.1節の際の文在寅氏の過去史問題への言及は文在寅氏の限界を示すものであろう。これ以上の歩み寄りはなかなか難しいのかもしれない。これでは日本としては明らかに不十分である。それでは今後韓国とどのように向き合っていくべきか。

文在寅は「限界」を露呈した photo/gettyimages
 

外交の基本は、如何に国益に最大限かなったものとするかということである。その意味で日韓の歴史問題だけを見るのではなく、米国との関係、文在寅政権以後を見据えた韓国との関係、北朝鮮の脅威にいかに対抗するか、中国の拡張政策にいかに備えるかなど広い視野で考えていかなければならない。

韓国の歴史問題への対応が不十分だからと言って、それだけで韓国との関係を断絶することは適当ではないと考える。

韓国の次期政権も革新系がなる可能性が相当にあると考えざるを得ないだろう。したがって、日韓関係改善を次期政権まで待っても良い結果が生まれるとは限らない。

文在寅政権が日韓関係を改善しようとしている今が好機だという意見がある。バイデン政権も日米韓協力のため、日韓関係が悪いのは負担になっており、関係改善を求めていることは間違いないだろう。

日本としても米国の意向は無視できない。

編集部からのお知らせ!

関連記事