「元祖怪物」江川卓が凄すぎた…「プロより球が速く見えた」驚異の高校時代

プロ野球・裏面史探偵(3)
二宮 清純 プロフィール

バットに当たると拍手が起きた

試合が始まるなり、銚子商の監督・斉藤一之は完全試合を覚悟したという。2回死から6番打者が四球を選んだ際には「ホッとした」と周囲に語っている。

再び土屋。

「ウチは黒潮打線と呼ばれるほどの強打線で、打力は関東でも1、2を争っていた。そんな打線をもってしても、打球が前に飛ばない。ファウルでもチップでも、ボールがバットに当たっただけで拍手が起きたんです。こんな経験、後にも先にも、あの時だけですよ」

途中からマウンドに上がった土屋は、試合の終盤で一度だけバッターボックスに入った。

Photo by iStock
 

「ストレートも速かったけど、それ以上に驚いたのがカーブ。顔に向かって飛んできたように見えたボールが、外角いっぱいに決まりました。僕は手も足も出ませんでした。三振でしたが空振りだったか見逃しだったのかさえ覚えていない。江川さんは体も大きく、威圧感があった。とても高校生には見えなかったですね」

甲子園での高校野球は通常、午前中から夕方にかけて行われる。どんなに速いピッチャーでも、ナイトゲームで見るプロのピッチャーには見劣りする。私の経験上、夜のプロより昼間の高校生の投げるボールの方が速く見えたのは、後にも先にも江川卓だけである。彼こそは正真正銘の“怪物”だった。

関連記事