〔PHOTO〕iStock

大切な人が「陰謀論」にハマってしまったら、どうすればいいのか

昨今、陰謀論に関する議論が盛んに行われている。陰謀論の厄介さは、「陰謀論に騙されるな」という言葉に対して「あなたの方こそ陰謀論に騙されている」という、対話困難な状況が生まれることにある。

本稿では陰謀論の内容の是非ではなく、広く「陰謀論にハマっている」と思われる人に対して、読者自身がどのように関わり得るかについて考察していきたい。

陰謀論は昔から存在する

陰謀論を広義に捉えれば、「誰かが裏で世の中を操っている」と考える思考を指す。古くは中世の魔女裁判など、陰謀論自体は今にはじまったことではないが、主に社会不安を背景に生じているとすれば、昨今の陰謀論の蔓延も理解可能である。

現代においても、海外で話題となり、Netflixで配信されているドキュメンタリーの題材となっている「地球平面説」など、この世の法則に関するさまざまな陰謀論が存在する。とりわけ2020年の米大統領選を契機として、「Qアノン」を代表とする陰謀論(と呼ばれる現象)がこれまで以上に広く拡散された。日本でもアメリカの選挙に関して、Qアノンと同様の主張がSNSを中心に拡散されたのは記憶に新しい。

議事堂襲撃に加わったことで逮捕・起訴された「Qアノン・シャーマン」を自称するジェイコブ・アンソニー・チャンズリー容疑者〔PHOTO〕Getty Images

こうした動きはオウム真理教を想起させるが故に注意が必要だという声もあり、日本においても無関係な問題ではないという認識が広まりつつある。バイデン新大統領に政権が変わっても、こうした動きが完全に沈静化するとは考え難い。

多くの既存メディアがQアノンを陰謀論であるとする一方、Qアノンの信奉者は、既存メディアこそが陰謀を隠しており、その証拠も存在していると考える。そして、既存メディア(とその信奉者)こそ、「世界の真実」を知らずに自分たちを攻撃しており、トランプを悪とする陰謀論者であると捉える。要するに、どちらの立場に立っても、相手は「陰謀論にハマっている」のである。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/