Photo by Javier Zayas Photography / gettyimages

国によってこんなに違ったウンチの量…日本人が一生の間にする糞便の量は?

あっと驚く科学の数字

人が1日に排泄する糞便の量に、国によって3倍も差があるということをご存じでしたか? この差の原因はいったいどこにあるのでしょうか? 森羅万象を科学の数字から読み解いた『あっと驚く科学の数字』から、今回は人の糞便まつわる驚きの数字をご紹介します。

日本人の糞便の量が減っている

いったい人間は一生でどのくらいの量の糞便を排泄するものだろう。

健康な大人の日本人が1日に排泄する量は、これまでの調査から平均およそ200グラムといわれている。個人差が大きく、体重、年齢、性別によって、また食習慣や健康状態によって相当の差があるが、仮設トイレは200グラムを基準に設計されることが多い。

1日200グラムとして仮に80歳まで生きるとすると、幼少期や高齢期での量を少なめに見積もっても、一生ではざっと5トン近くになる。中型トラック1台でやっと運べるぐらいの重さだ。

ずいぶんすごい量と思うだろうか。だが、1日平均約400グラムといわれていた戦前と比べると、日本人の糞便の量は半減している。減った原因は食物繊維の摂取量の減少にある。戦前の日本人は1日平均約30グラムの食物繊維をとっていたのに対し、現代日本人はようやくその半分の15グラムをとるに過ぎない。

食物繊維は穀類や豆などに多く含まれ、肉類にはほとんど含まれない Photo by marilyna/gettyimages

糞便は消化されなかった食物繊維、すなわち食物のカスと考えられているが、じつは繊維そのものは重さの5%程度を占めているだけで、60%以上は水分である。残りは新陳代謝して剥がれ落ちた腸の粘膜組織や細胞、腸内細菌やその死骸などが合わせて30〜40%含まれる。消化できなかった繊維のカスは、水分を多く取り込んで糞便の重量を増やしている。

世界で最もたくさんのカロリーを摂取し、大きな身体を維持している米国人の糞便量は、1日せいぜい150グラムと日本人の4分の3程度である。米国人の排泄量が少ないのは、脂肪やタンパク質、糖質が多く、食物繊維が少ない食生活のせいだ。

一般に、欧米人は糞便量が少なく、150グラムなら多いほうで、平均80〜120グラムと報告している調査もある。日本人の近年の糞便量の減少には、食事の欧米化の影響が見てとれる。

関連記事