photo by iStock

アメリカの一流大学がリベラルアーツを重視する理由

『自由になるための技術 リベラルアーツ』その2
『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか』『ニュータイプの時代』『ビジネスの未来』など話題書を次々と出し、いまビジネスパーソンに大注目の独立研究者・山口周氏の最新刊『自由になるための技術 リベラルアーツ』が刊行された。
現代に私たちに必須の素養「リベラルアーツ」とは? 4回連載の第2回をお届けする。   

シリコンバレーでマインドフルネスが流行する時代 

美意識に限らず、人の感性に訴えるものが重要視されてきているというのは、近年の世界的な潮流です。

 

例えばアメリカでは、2008年のリーマンショック以降、マインドフルネスが一種のムーブメントになっています。シリコンバレーでは、トレーニングとして取り入れていない会社はないほど普及しています。

マインドフルネスとは、「いまという瞬間に意識を向けるもの」で、言うなれば外部ではなく、自分の内部に目を向けていくための手法です。自分が何に価値を置いているかを認識することは、創造性の源にもつながっているのではないでしょうか。

Photo by Istock

世の中は、何かが過剰になり何かが稀少になると、なんとかバランスをとろうとする動きが常に生まれるものだと思います。

例えば、1970年代前後のヒッピームーブメントや『ホール・アース・カタログ』(1968年に作家のスチュアート・ブランドによって創刊されたヒッピー向け雑誌。スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式のスピーチで語ったことで有名な「Stay hungry. Stay foolish.」は同誌最終号の裏表紙に記載された言葉)なども、50年代の行き過ぎた物質主義や享楽主義への一種の反動といえるでしょう。

いまのアメリカで、マインドフルネスがこれだけ浸透しているのも、リーマンショックに代表されるような、行き過ぎた金融資本主義に対する違和感から来ているのではないかと思います。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/