“痩せ”に変わる前向きな言葉を見つけたい

そもそも”ダイエット”という言葉はなんだかマイナスなイメージがあり好きではないので普段は”調整”と言っているのですが、やはり多くの方に見てもらえるようになるには分かりやすい言葉が必要なので、YouTubeの各動画の題名には”脚痩せ” “下半身痩せ” “全身痩せ”などとダイエットを促すような文言がどうしても入っています。

私の今後の課題は”痩せ”に変わる前向きな言葉、自分の健康のための運動法を表す言葉というものを作っていけたらなと思っています。

15歳からモデルを初めて今年で9年目。紆余曲折を経て、やっと心も身体も健康な自分を手に入れることができ、両親が育ててくれた自分の身体をちゃんと大切にしようとまで思えるようになりました。

モデルを始めた頃のことを今考えると、”モデルは痩せていなくちゃいけない”と言う固定概念に縛られ、勝手に自分で自分にプレッシャーをかけ、自分の首をしめてしまっていました。ですが、時代は変わっています。海外ではプラスサイズモデルの起用がされるようになったりして、多様性が認められています。私もそのような社会の流れに貢献できたらなと思います。

プロポーションを重視されがちなモデルだからこそ、「痩せる」ということに捉われない新しい価値観を提案したいという藤井さん。写真提供/藤井サチ
-AD-

完璧主義を手放し、毎日の生活を丁寧に暮らす。誰になんと言われようと自分のありのままの姿を愛し、自分の健康な心と身体のためにちょっと運動や食事を頑張ってみる。今はこんな気持ちで毎日を過ごしています。

最後になりますが、これを読んでくださった方が素敵な毎日を送れますように。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。