大事なことは「自分の姿を愛する」こと

ここまでのお話、少し極端に感じる方もいるかもしれません。そもそも摂食障害がどんなものかはやはりなってみないととてもじゃないけど理解できないと思います。ですが皆さんに一番お伝えしたいのは、このような経験からたどり着いた私の考えです。

それは、どんな自分の姿も愛そう!ということ。

優しい笑顔がとても素敵な藤井さん。ダイエットに捉われなくなったからこそ、こんなに素敵な笑顔になれるんですね。写真提供/藤井サチ
-AD-

世の中にはたくさんのダイエット法が溢れて、時代と共に流行り廃りがあります。今までだけでも朝バナナダイエット、炭水化物抜きダイエット、グルテンフリーダイエット、一日一食ダイエット、などなどたくさんありましたよね。

そんな時代の中、私が一番大事だと思うのは、まずはありのままの自分を認め、受け入れ、愛すること。その上で、心も身体も健康でいるために、3食バランスよく腹8分目まで食べて、夜ご飯は寝る3時間前までに終わらせて、7時間の睡眠時間をとり、週に2〜3回ほどは運動するといったシンプルな生活を送ることが一番だと思うのです(食事の回数は人によりけりだと思いますが)。

特に運動が与えてくれる影響というのは人生を豊かにしてくれるものだと思うので、私も世の中にいい影響を与えられる人になりたい!と思い、今は運動の大切さを発信するためにYouTubeでサッチャンネルというチャンネルを作り、お家で簡単にできるストレッチやワークアウトを載せています。