〔PHOTO〕Gettyimages

文在寅の大誤算…世界の投資家たちがいよいよ「韓国株売り」を加速し始めた…!

株式市場は「乱高下」

韓国株式市場の乱高下

2月下旬、世界的に株式市場が不安定な展開になった。

その中でも、韓国株式市場の乱高下はかなり顕著だ。

今回の株式市場の変調の背景にはいくつかの要因がある。

最も重要なファクターは、米国の長期金利(10年国債の流通利回り)が急上昇したことがある。

金利の上昇によって、株式投資のメリットが減殺された。

それに伴い、多くの投資家がリスクを嫌って株式保有の割合を低下させたようだ。

経済専門家の中では、「海外投資家が韓国株式市場から離れ始めている」との観測も出ている。

海外投資家の多くが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の経済政策への懸念も強めている。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

ワクチン接種によって世界経済の正常化期待が高まる状況とは対照的に、韓国の社会と経済運営の難しさは増しつつあるように見える。

足許の韓国経済を俯瞰すると、輸出を中心にマクロ経済に関するデータは相応によい。

しかし、家計の債務問題や人口動態に関しては先行きへの不安が高まっている。

主要企業の事業運営に関しても懸念材料が浮上している。

米金利上昇によって、多くの海外投資家がそうした韓国経済のリスクをこれまでにまして真剣に考え始めたようだ。

文大統領がそうした懸念の解消に取り組むことは容易ではない。

むしろ、今後の韓国経済は米金利や海外投資家の投資行動など外部の要素に影響される側面が拡大する恐れがある。

仮に米金利がさらに上昇し、それに影響されるようにして韓国の金利にも追加的に上昇圧力がかかれば、韓国の社会と経済にはかなりの影響があるだろう。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
編集部からのお知らせ!

関連記事