Image by iStock

所詮は他人…おカネのことを「子供」に相談したら、「ねだられて、奪われるだけ」

貴重な老後資金を大切に

そんな余裕ありますか?

夫の死後、残された妻は必ず「老後資金が足りるのか」と不安に思う。しかしどれだけ悩んでも、子供にだけは相談してはいけない。弁護士の澤田有紀氏が語る。

「夫の死後、息子夫婦に相談したところ、『面倒をみてあげるから』と言われ、一緒に暮らし始めた人がいます。初めは同居を楽しんでいましたが、息子夫婦から孫の教育資金をねだられ、1000万円を贈与することになってしまいました」

息子夫婦とは生活リズムも合わなかった。そこで老人ホームに移ることも考えたが、出て行こうにも口座におカネはほとんど残っていなかった。

Image by iStock
 

そもそも、親と子供では、考えていることが違うということを忘れてはいけない。親は「おカネをあげれば助けてくれるだろう」と思っていても、子供は「少しでも多くもらいたい」と、自分のことしか考えていない。

親のおカネをもらいたいと企む子供はまず生前贈与をねだる。「孫の学費を出してほしい」とか、「家を建てるから援助してほしい」と言ってくるのが定番だ。さらにたいていは「贈与税の非課税枠を活用しよう」と畳みかけてくる。

騙されてはいけない。税金を払わずに得をするのは、あなたではなく、子供のほうだ。

そもそも、貴重な老後資金を自ら減らしてしまっていいのだろうか。

編集部からのお知らせ!

関連記事