Photo by iStock

定年後、自宅を売って1200万円で「地方へ引っ越した」男性の「ヤバすぎる末路」

まさかこんなことになるとは…

慣れないことはできない

田舎の中古戸建てで1200万円くらいまでなら、自宅の売却益を支払いにあててもお釣りがくる。人生の終盤は、静かなところで悠々自適に暮らすのもいい—。

こんなふうに心の中でそろばんを弾きつつ、移住先での新生活を夢想している人もいるだろう。

しかし、いざ移り住んでみると、憧れと現実のギャップに愕然とする人が続出している。一昨年、東京都下のマンションから富山県の中古物件へ引っ越した神崎義雄さん(70歳・仮名)が言う。

「私は四国出身なのですが、雪国の暮らしを舐めていました。特にこの年明けは連日、大雪が降って参ってしまいました」

Image by iStock
 

1月10日前後、日本海側は記録的大雪に見舞われた。神崎さんは夫婦で雪下ろしや除雪に四苦八苦し、最後は腰を痛めてしまったという。

「雪の中での車の運転にも、なかなか慣れません。まだ2回目の冬を越したところですが、思っていたよりもキツい。この調子では、冬が来るたびに憂鬱になりそうです」

安らぎを求めて新天地へ移ったつもりが、かえって苦労が増えてしまう。知らない土地での生活には、住んでみて初めて気が付くデメリットも数多い。住生活コンサルタントの大久保恭子氏が言う。

編集部からのお知らせ!

関連記事