ソフトバンク新社長、東大卒だらけの中から選ばれたのは、「偏差値35の花園大卒、しかも文系」

「5兆円企業」のトップに抜擢されたのは、「無名大学出身」の男だった。だが、いま社会を大きく動かす経営者はそんな叩き上げばかり。「良い大学を出れば良い人生が送れる」時代は、もうどこにもない。

ダークホースだった

「僕は『4流大学』出身ですからね。孫(正義)さんからはよく冗談交じりに『お前はいまの新入社員だったら、ウチの会社には絶対入れないぞ』と言われました」

Photo by gettyimages

はにかんだような表情でそう語るのは、『ソフトバンク』の副社長兼CTO(最高技術責任者)の宮川潤一氏(55歳)だ。

1月26日、ソフトバンクは4月1日より、宮川氏が社長兼CEO(最高経営責任者)に就任することを発表した。前任の宮内謙氏(71歳)は会長に、会長だった孫正義氏(63歳)は「創業者取締役」という役職に就くという。

「ソフトバンクには営業畑の副社長兼COO(最高執行責任者)が2名いて、彼らのどちらかが次期社長だろうと目されていました。それが、CTOであるとはいえ、ダークホースだった宮川氏が抜擢されたため、驚きが広がりました」(全国紙経済部記者)

関係者が驚いたのは、それだけではない。ソフトバンク内には東大、京大や海外の有名大出身者などがひしめく中、宮川氏は「花園大学文学部仏教学科」出身。この異色の経歴が話題を呼んだ。

 

'49年に創立された花園大学は臨済宗妙心寺派の仏教系大学で、在籍していた著名人といえばチュートリアル・徳井義実や清水寺貫主の森清範氏など。全国的には決して知名度は高くない。大手予備校の調査では、仏教学科の偏差値は「35」となっている。

「宮川さんは愛知県犬山市の出身。ご実家が禅寺だったため、花園大学の仏教学科に進まれたようです。禅寺の息子だからかはわかりませんが、肝は据わっていますが腰が低いという、好人物です」(元ソフトバンク社長室長の嶋聡氏)

宮川氏は'88年にこの花園大学を卒業後、会計事務所勤務を経て26歳で焼却炉メーカーを立ち上げた。その後、勃興し始めていたインターネットに目をつけ、'91年にインターネット関連企業を起こす。宮川氏が語る。

関連記事

おすすめの記事