文在寅よ、さらば…! いよいよ韓国経済も外交も「打つ手なし」で、文在寅は万事休すへ

武藤 正敏 プロフィール

ソウル市長選挙、釜山市長選挙が試金石

文在寅氏はすでに政策的に行き詰っている。これから何かできることはおそらくないだろう。そこで今後文政権が注力するのは次回の大統領選挙で保守系に政権を渡さないことであろう。

仮に保守系に政権が移行すれば、これまで文在寅氏はやってきた左派的な政策はことごとく覆されるであろう。また、検察の捜査権限を奪っても新政権はこれを覆すことは間違いないだろう。

 

まず今年のソウル市長選挙、釜山市長選挙が試金石である。仮に両市長選挙で敗れることになると野党の力が盛り返すきっかけとなりかねない。その時には有力な野党候補の出現もありうるかもしれない。

文政権にとしては、政策の成果で支持率を上げることは難しくなった。今後は保守派との対立が最大の政治課題となるのではないか。

関連記事

おすすめの記事