渋谷で「めちゃ凄いサウナ」を発見…想像以上のリラックス空間だった!

ちゃんと「チル」できてますか?
現代ビジネス編集部

中でも今回のプロジェクトの目玉は、遠赤外線サウナだという。

サウナの内部(改良湯提供)
 

「飲み物、音楽、そしてサウナの3点で『チル』してもらうのが今回のコンセプトです。まずは普通のお風呂に入り、その後サウナと水風呂を交互に楽んで、“整えて”いただきます。最後に締めとして炭酸泉風呂に浸かって、血流を促進させるのが定番コースですね」(前出の大和さん)

オススメ通り、中風呂に入ってからサウナに入室してみる。数人も入ればいっぱいのサウナだが、それだけに熱気が溜まりやすい。少し薄暗い空間の中で熱風が顔をかすめていき、あまりの熱さに入室してからたった数分でギブアップしてしまった。

しかしすぐに隣の水風呂で汗を流すと、体の中に溜まっているどんよりとした物質が汗と一緒に流れ出ていく感覚を覚える。何度も往復すると次第にサウナの熱気にも慣れてきて、「寒暖差」が病みつきになってきた。

最後に水風呂につかって汗を流しきってから、最後は炭酸泉風呂へ。お湯の温度はそこまで高くないはずだが、効能なのかサウナの後だからなのか、ポカポカとした心地を覚えた。

「リラックス」するための飲み物

一通り楽しんだところで風呂から上がり、服を着替えて帰り支度をする。ロビーに出ると、スタッフの方から今回のコラボの要であるドリンク「CHILL OUT」を渡された。日本では珍しい「リラクゼーションドリンク」で、フルーティーな味わいが特徴な微炭酸の飲み物。サウナから出て喉が渇いていたこともあって、180mlの缶が一瞬にして空になった。

関連記事