現在、大分で幼児から高校生まで無学年制の英語教室を主宰する廣津留真理さん。一人娘のすみれさんは、小学校から高校まで公立校に通い、ハーバード大学に現役合格&首席卒業。現在は、バイオリニスト、作曲家、著述家、TV番組のコメンテーターなど、多方面で活躍をしている。大分という地方都市に生まれ育ち、海外留学したこともなければ、塾に通ったことも模試さえ受けたこともなく、ハーバードの面接も自宅の部屋からオンライン受験。世界トップの大学に入る学力を支えたのは、幼児期から母と実践していた家庭学習だった。

廣津留真理さんがハーバード生たちを講師に招き、大分市で毎年開催しているサマースクールSummer in JAPAN(SIJ)。最終日は、SIJを共に主宰する娘のバイオリニストすみれさんのコンサート。ハーバード生たちも全員参加で、一緒にステージで歌ったり演奏したりして、自己表現を楽しんでいる。写真提供/廣津留真理

すみれさんの大学入学を機に起業した廣津留さんは、すみれさんとの家庭学習を通して編み出した英語レッスンを現在、オンライン・オフラインの両方で行っている。ABCの書き取りも文法も教えないこの英語教室では、たった週1回75分のレッスンで幼児が英検3級(中学卒業レベル)、小学生が英検2級(高校卒業レベル)に合格する例が続出。イエール大学や東京大学、国立大学医学部といった難関大学に合格する教え子たちも。

英語指導にとどまらず、子育てに関するセミナーや、現役ハーバード生を講師陣に迎えるサマースクールSummer in JAPAN(SIJ)を毎年主催するなど、これまで約800人の現役ハーバード生に関わり、のべ1万人以上の親子を見てきた廣津留さんに、子どもを伸ばすために今すぐ家庭でできる方法を教えてもらう。

廣津留真理(ひろつる・まり)
ディリーゴ英語教室代表/一般社団法人Summer in JAPAN(SIJ)代表理事兼CEO/株式会社ディリーゴ代表取締役。大分県在住。早稲田大学卒業。一人娘のすみれさんは、大分の公立高校から留学経験なしでハーバード大学に現役合格&首席卒業。彼女への家庭内での学習指導経験を踏まえて編み出した独自の「ひろつるメソッド」を確立。大分県の英語教室や県内外のセミナーにて、これまでのべ1万人を指導。現役ハーバード生が講師陣のサマースクールSummer in JAPANは、2014年、経済産業省の「キャリア教育アワード奨励賞」受賞。「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)、「セブンルール」(カンテレ・フジテレビ系)などメディア出演多数。著書に、英語経験ゼロの子も1冊で長文読解までできるようになるドリル『英語ぐんぐんニャードリル ひろつるメソッド 最短最速! ゼロから一気に中2終了』 、娘と実践した家庭学習メソッドを公開した『成功する家庭教育 最強の教科書』(講談社)ほか。https://dirigo-edu.com
-AD-

自己表現できなければ存在しないのと同じ

「日本人が英語を話せないのは、日本の英語教育が悪いから」という言葉をよく聞きます。けれど私は、これは必ずしも正しいとは言えないと思っています。日本人が英語を話せないのはズバリ、自己表現が苦手だから。なぜなら日本では、そもそも自己表現することがタブーとされてきたからです。

相手に合わせ、空気を読み、常に場をわきまえて発言することを要求されてきた日本人。世論調査が幅をきかせ、「みんなはどう思っているのか」を確認してから、平均的な意見に同調することがよしとされてきた文化です。それに対して、相手の考えは違って当たり前で、阿吽の呼吸は通用しない文化の中で自己主張してきた英語圏の人たちの中にいきなり入っても、勝手が違いすぎてうまく話せないのも当然と言えば当然でしょう。

娘のすみれは「ハーバード大での授業では出欠を取らないので、一度も発言しなかったら欠席とほぼ同じ扱いだった」と話しています。成績についても、ペーパーテストだけでなく授業での発言が、かなり高い割合で評価対象になるのだと言います。しかも、発言したとしても、他の学生と同じ意見では評価されないのです。「私もそう思う」では、相手に何らかの価値を提供できません。何もアピールできない人の存在価値が認められないのは当たり前。ハーバード大のように多様なバックグラウンドを持つ学生たちが集まる場所で、自己表現できない人、発言できない人は、「そこにいない人」も同然なのです。

Summer in JAPANのパフォーミングアーツ(舞台表現)のクラス。廣津留さんがこれまで会ってきたハーバード生たちは例外なく、自己表現力に優れていたという。そんな講師たちと過ごすことで、参加する日本の子どもたちも、失敗を怖がらずに表現することを楽しむようになる。写真提供/廣津留真理