# エンタメ

呪術廻戦、進撃の巨人、ユーチューバーの心霊動画…若者が「怖いコンテンツ」にハマる理由

道満 綾香 プロフィール

YouTuber自身のキャラクターやトークによって怖さが緩和されたり、本人たちが怖がっている様子を面白おかしく見ることができたりと、怖すぎないというところも魅力です。

ダークファンタジーも、呪いや鬼など、古くから恐怖の対象とされていたものを多く扱ってはいますが、旧来のホラー映画よりは恐ろしさが抑えられています。

 

通常のアクション漫画とは違い、頻繁に登場していた主要キャラクターが死んでしまうなどの憂鬱な展開はよくありますが、ホラーがそこまで得意ではない人でも入りやすいというのは、YouTubeなどのZ世代に身近なコンテンツとの共通点です。

SNSやスマートフォンで様々な「怖いコンテンツ」に頻繁に触れてきたZ世代。『鬼滅の刃』『呪術廻戦』『進撃の巨人』などのヒット漫画の傾向も、彼らの生活スタイルが自然に現れたものだといえるのではないでしょうか。

編集部からのお知らせ!

関連記事