持病があるけど、ワクチン接種を受けても大丈夫?【医師の回答】

 

米国在住で、新型コロナのワクチン接種を済ませている山田悠史医師が、みなさんからの質問に回答します。

 

【質問1】様々な持病があり飲み薬がたくさんあります。ワクチンを接種しても大丈夫でしょうか?


現時点で、飲み合わせの悪い薬というのは報告されていません。

ただし、免疫を抑えるような薬を飲まれている方の場合には、ワクチンの効果が一般の方よりも弱いなどの可能性が指摘されています。ワクチン接種を始める前に、一度かかりつけの医師とご相談しておいていただくのが良いと思います。

また、血をサラサラにする薬を飲んでいる方は、接種を受けることはできますが、ワクチンを受けた後、2分以上しっかり押さえていただくのが大切です(参考文献1)
 

【質問2】肺気腫の持病を抱えて通院中です。ワクチン接種を受けても問題ないでしょうか?


接種が推奨されると考えます。持病があると、新たなワクチンを投与することにご不安もより一層強く感じられているかもしれません。

ここで同時に、ワクチンを接種しない時のリスクについてもしっかりと考えていただくことが大切です。ワクチンを接種せず、感染をしてしまった場合、肺気腫の持病が悪化するリスクや、重症化するリスクがあります。
さらに、人工呼吸器が必要になってしまうリスク、命に直結するリスクもあります。こういったリスクとワクチンによるリスクを天秤にかけていただくことが大切です。

ワクチンはあなたを新型コロナウイルス感染症やその重症化から高率に守ってくれる有効な手段です。肺気腫の持病を抱えられている場合、このメリットが非常に高いと考えられます。


関連記事
【ワクチンの不安まとめ】持病がある人や高齢者は?医師の回答>>

【新型コロナ後遺症まとめ】慢性的な疲労やだるさにも注意>>

編集部からのお知らせ!

関連記事