お小遣い、いつからどうやって渡すべき?

子どもたちの「お金」事情が分かったところで、結局のところ、お小遣いはいつからどうやって渡すのがよいのでしょうか。これについての絶対的な「正解」はありませんが、参考までに我が家の場合をご紹介しようと思います。

我が家には娘は2人いるのですが、どちらも小学校に入学したタイミングから「月に1回」、学年×100円のお小遣いをあげていました。つまり小学1年生なら100円、3年生なら300円です。

この「小学校に入学したタイミング」というのには理由があります。それは、お小遣い帳をつけられるようになるのがこのくらいの学齢であることと、「小学生になった!」という嬉しさを、自分でお金を管理するという自覚につなげたかったから。そして小学校の入学式の日に、“入学のお祝い”としてお小遣い帳をプレゼントし、お小遣いをスタートしました。

Photo by iStock
-AD-

ただ、このように親がきっちり決めて渡したからといって、子どもがきっちり使えるとは限りません。上の娘は性格が真面目なので、お小遣いの範囲でちょっとだけ欲しいものを買い、使ったらすぐにお小遣い帳をつけ、残りは引き出しにしっかり保管していましたが、下の娘はあればあるだけ使い、放っておくとお小遣い帳もつけません。

やれやれ、と思って眺めていましたが、「渡したお小遣い」である以上、使い方も使いみちも本人の自由。一切口を出さないと心に決め、ぐっと我慢しました。その代わり(?)、お小遣い帳をつけたかどうかはしつこく確認していました(それでもつけなかったので苦労しましたが)。