ポケモンを自宅のインテリアにひそませて楽しむ

このように熱い友野さんのポケモン愛ですが、実際はとても訥々と語ってくれていたのが印象的でした。それだけに、逆に本気度を感じたほど。その友野さんを魅了したポケモンの“世界観”とは、具体的にどのようなものなのでしょう?

「私は、ポケモンの生きものとしての息づかいを感じられる世界観と、一体一体の表情の豊かさに魅了されました。たとえばゲームで遊ぶうちに、海には海の、山には山のポケモンがいて、その土地の人やポケモンがどんなふうに生活しているかを知ることができるんですよね。触れ合ったり一緒にバトルしたりしているうちに、想像していなかった反応や表情も見えてくる。まるで家族や友達のような親近感が湧いてきて、今も目には見えないけど近くにいるような気がしてくるんです。

今では、ファンは卒業してその世界観を支える側になりましたが、ポケモンが好きな気持ちは変わらず、むしろもっと愛着がわいてくるようになりました。もちろん世の中には私が足元にもおよばないほどポケモンに詳しい方もたくさんいらっしゃるので、まだまだビギナーと思っていますが……!」

そんな友野さんに、大人におすすめのポケモンの楽しみ方を教えていただきました。

「私の場合は、ポケモングッズも、たくさん持って楽しむというより、生活の中に当たり前にいるようにちりばめるのが好きで。ポケモントレーナーだったらここに置くかな……と想像して玄関にさりげなくモンスターボールを置いたり、洗面所には、水場を守ってくれるように、ラティアス(映画『劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス』で活躍)を置いたり。そんなふうに、日常の中でポケモンを近くに感じる…という楽しみ方をしています」

自分がポケモントレーナーだったら、外に行く前にモンスターボールを持っていくかな…と玄関に配置しているそう。写真提供/友野さん
洗面所の近くには守神的にラティアスを飾っているそう。写真提供/友野さん
-AD-

その日常の中のポケモングッズとして、2019年に結婚したときは、友野さん、なんとピカチュウの入籍届を役所に提出したそう! 

ゼクシィの付録だったピカチュウ婚姻届を使って入籍! 写真提供/友野さん