ピカチュウ大量発生チュウ!がターニングポイントに

ですが友野さん、「好きなものはファンとして楽しむ側でいたい」と、大学卒業後はポケモンとは全く関係のないビール会社に就職。趣味としてゲームやアニメを楽しむ、という付き合い方でした。それが一転、株式会社ポケモンに転職することになったきっかけとは一体何だったのでしょう?

「2014年から2019年まで毎夏、横浜みなとみらいで開催されていた『ピカチュウ大量発生チュウ!』というイベントに行ったときのことでした。そこで偶然、株式会社ゲームフリークの増田順一さんにお会いすることができて。増田さんは『ポケットモンスター 赤・緑』から現在まで幅広くシリーズの開発に携わられている方で、当時の自分から見ると伝説のような存在でした。

ふだんはさりげないポケモングッズ派の友野さんも「ピカチュウ大量発生チュウ」イベントでは派手なグッズを思いっきり楽しむそう。写真提供/友野さん

その時、「ポケモンって、その世界観を支える人がいるからこそ、世界中でポケモンを楽しむことができるんだな」と実感して。イベントに通うだけじゃなく、私もポケモンの世界観を支える一人になれたら……、何か恩返しができたら……と、働くことを考えるようになったんです。もちろん好きなだけじゃダメだとは思いましたけど、実際に株式会社ポケモンの面接で自分の思いを伝えて、この会社の一員に加えてもらえることになったんです」

友野さんの推しポケモンはこちら!

推しポケモンは幼いころにプレイした『ポケットモンスター金・銀』で一緒に冒険をしたヒノアラシ。最近ではラビフットとのこと。「ヒノアラシは、ひとめぼれでした。丸みをおびたフォルムと細い目に癒されます。好きすぎてゲーム画面によく語りかけていました。ラビフットは、ちょっとツンデレな感じがかわいくて、最近だと一番好きなポケモンです。あ、でもピカチュウは別格ですね…」©2021 Pokémon ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。