インドネシア大虐殺事件「罪に問われない殺人者」の闇落ちを追う『アクト・オブ・キリング』の衝撃

サブスクで観れる「ほぼ独断」隠れ名作3

インドネシアの黙殺された歴史

『アクト・オブ・キリング』は、アメリカ出身の映画監督ジョシュア・オッペンハイマーによる2012年のドキュメンタリー映画です。イギリス・デンマーク・ノルウェーの共同制作で、日本では2014年に公開されています。

この映画では、1965年から67年頃にかけてインドネシアで起きた、歴史上ほとんどスポットが当たってこなかった事件――いわゆる「9月30日事件」を端緒とした一連の出来事について取り扱っています。

監督/ジョシュア・オッペンハイマー, クリスティーヌ・シン 2014年公開
 

「9月30日事件」の概要を説明しますと、オランダの植民地だったインドネシアがスカルノ初代大統領の主導により独立して20年後の1965年。一部の左派軍人によるクーデターが勃発しました。事件の呼び名はこのクーデターの起きた日にちなんだものです。

クーデター自体は未遂で終わりましたが、この際に気炎を上げたのが、後に二代目大統領に就任する陸軍のスハルト少将(当時)でした。彼は機に乗じて政府の実権を握ります。

そして、クーデターの黒幕を共産主義者だと断定し、大規模な排除運動――共産主義者の大虐殺を行ったといわれています。「いわれる」というのは、現在でも詳細がはっきりしていないからです。

殺害された犠牲者は数十万人から、最大で200万人以上にものぼるとされています。根拠もあやふやなまま「共産主義者は悪」というレッテルが貼られ、やがてそのレッテルは「悪は全員共産主義者だ」「共産主義者は殲滅せよ」という暴論にすり替わりました。

当然のことながら「共産主義者なら殺して良い」などという理屈はあり得ません。しかしこの当時、誰でも彼でも理由をつけては連行され、真偽に関わらず「お前は共産主義者だ」と決めつけられ、尋問・殺害・遺体の遺棄が繰り返されたのです。

共産主義者以外にも、当時インドネシア国内で力をもっていた華僑の方々などもターゲットにされていました。これら虐殺の実行者は、主にインドネシア各都市の民兵組織でした。

この『アクト・オブ・キリング』は、メダン市の民兵組織「パンチャシャラ青年団」に属し、かつて殺害の実行犯だった人物の一人であるアンワル・コンゴを中心に据えて描かれます。

編集部からのお知らせ!

関連記事