「絶望的虚無感」

昨年話題を集めたドラマ『ホームルーム』の放送から丸1年が経とうとしている。原作となった同名マンガ『ホームルーム』(千代/講談社刊)は、ドラマの最終回に先立ち昨年2月20日に全87話に及ぶ連載を終え、その衝撃的ラストが物議をかもした。また、動画配信サービス「Hulu」でドラマが配信されており、再び注目を集めている。

本作のテーマは、「学園サイコパス・ラブコメディ」。クラスでイタズラを受けているイジメられっ子の女子高生・幸子と、彼女が慕う愛田先生をはじめとした教師陣、クラスメイトらをめぐるストーリーはどんでん返しの連続。「異才の新人」と期待の集まる千代さんの筆致がさえわたっている。

FRaUwebでは、『ホームルーム』のアンコール連載を配信中。アンコール連載の最後を飾る第30話では、保険医の椎名の求愛をかわして、愛田はひとり部屋にこもり自慰にふける。しかし、最高の瞬間を迎えるはずが――? ドラマにハマった人も、初めて読むという人も、ぜひ戦慄のストーリーを味わってほしい。

担当編集より一言

漫画界に彗星のごとく現れた奇才・千代先生のデビュー作!多くの電子書店で総合ランキング1位を獲得し、MBSにてTVドラマ化もされました。ラブリン役・山田裕貴さんの怪演が大きな話題を呼び、全国放送じゃなかったにも関わらず、TVerランキングではなんと1位を獲得。ストーカー教師といじめられっ子JKとの歪んだ愛を描いたサイコ・ラブコメとなっております。

本作の魅力は、なんといっても登場人物たちの予測不能なアクション!純愛が暴走していく様に、ドキドキハラハラが止まらないはず。第1話のラストにはきっと誰もが戦慄することでしょう。千代先生の描く奇妙奇天烈な恋の味をぜひご賞味ください!

-AD-

▼第30話以降を今すぐ読みたい方は、コチラをチェック!