Photo by iStock
# 金利

アメリカ金利上昇で、日本企業が「大打撃を受ける説」は本当か…? プロの「意外な答え」

「金利の急上昇」でこれから起きること

米国の金利が大きく上昇している。

年初からの10年国債利回り上昇幅は0.38ポイントと、それなりに大きな変動となっている(図表1-1、図表1-2)。

日本の金利上昇幅は大きくはないが、それでも、このところ米国との連動が高まっており(図表1-1)、新型コロナ発生後のレンジを大きく上抜けてきている。

 

このような金利の上昇は、好調の株式市場の懸念材料の一つになっている。

確かに理論的には、金利の上昇は企業収益を圧迫し、今後の成長の足かせになりうる。

今後の金利上昇は、株価の下落を招くのか。現在の金利と株価の関係を整理しつつ、今後の見通しを考えたい。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/