アプリを何度も再インストール...オンライン依存の恐怖

アキラの浮気を発見した玲美は、ハッキリと「アプリを辞めて欲しい」と伝えた。

彼はその場ではきちんと謝罪し、玲美の言う通りアプリをすべてアンインストールしたそうだ。

「その後しばらくは大人しくしてましたけど、彼がスマホをいじりたくてソワソワしてるのは明らかで、私たちのギクシャクした関係も相変わらずでした。結局、ある日ふとアプリを開いたら、案の定、彼がまた“オンライン”になってました」

再びアキラを問い詰めると、なんと彼はすべてのマッチングアプリを復活させていた。

激昂した玲美はスマホを取り上げ調べたが、メッセージやLINEのやりとりをしている女性は複数いたという。

その文面はいつものように饒舌で、やはり現実の彼とは人格がかけ離れていた。

結局、怒りよりも諦めの感情が勝り、玲美は破局を選ぶことになった。

「もうあんな男は懲り懲りです……でも実は、先日また偶然に彼と“オンライン”で再会しちゃったんですよ」

玲美は嫌悪感たっぷりに顔を歪める。

「最近すごく流行ってるClubhouse。たまたま開いたroomで、彼が意気揚々と喋ってたんです。フォロワーもすでに2000人を超えて人気者みたいで。何だか、呆れを通り越して少し尊敬しました。ある意味、彼は時代の波に乗ってる人なんでしょうね」

マッチングアプリと現実の印象が違ったという話はよく聞く。

けれどネットでの出会いや交流がどんどんメジャーになる中で、このアキラという男性のように、現実よりもオンライン上に居心地の良さを感じ始める人もいるとは驚きだ。

その利便性や楽しさを否定するわけではないが、スマホやネットの世界とは適度な距離を保つのが良いだろう。

-AD-
共著作家、山本理沙さんと安本由佳さんの最新著書『不機嫌な婚活』(講談社刊)が好評発売中。婚活市場を生き抜く女子をリアルに描いた、伝説のWEB連載を書籍化!