Photo by F-Lab.

「新しい構造システム」と「新しい素材」が生む“今までにない建築”

構造設計の未知なる可能性を探る
日本国内の建築物で使われる材料というと、「木」「鉄」「コンクリート」などが主流だ。しかしこうした建築材料は、世界中のどこにいっても存在するわけではない。世界には“組積造(そせきぞう)”のような、石やレンガを積み上げて造る建築が一般的な国もあるなど、その土地ごとによって構造形式や使われる建築材料は異なる。では、そうしたあらゆる場所やスケールの建築に関わっていく建築士としては、どういった知識が必要になるのか。

〈本記事は「F-Lab.」からの転載です。元記事はこちら

「設計」と「研究」の両輪で得た知見をさまざまな建築スケールで応用

荒木美香構造設計事務所の荒木美香さんは、「設計」と「研究」の両輪でさまざまな建築スケールの構造設計に携わってきた建築士だ。自身で設計事務所を運営しながら、2021年4月からは関西学院大学建築学部の准教授に就任し、構造設計や建築材料の広範な知見を学生にも広く伝えていくという。

「建築の設計の仕事は、建物全体のデザインをする“意匠設計”や、主に衛生面やインフラを整える“設備設計”がありますが、そのなかでも私の専門は“構造設計”という分野です。構造設計というのは、地震や風、積雪、家具や人の重量などのさまざまな荷重に耐えうるよう、建物の構造安全性を確認する役割を果たします。

私がこの仕事で力を入れていることが2つあり、ひとつが“新しい構造システムを提案すること”、もうひとつが“新しい素材を使うこと”。土地・スケール・コストなどなど……あらゆる条件の建築で応用が効くように、新しい設計の可能性を追究しています」

荒木さんが構造設計で携わってきた建築物の写真。チャペル、海の家、観音堂、エクアドルのCultural Centerなど多岐にわたる

設計中にわからないことがあればその度に実験で検証する

荒木さんが携わった“新しい構造システム”の例としては、2016年に竣工した長崎県の「丘の礼拝堂」がある。木々が積み上がったような幻想的なデザインが印象的なチャペル。一見、天井から木が吊り下げられているようにも見えるが、実はこの樹状の構造が柱の役割を果たしており、大きな立方体の建物を支えているのだという。建築家の要望するデザインに応えながら、安全性のある構造を実現しているのだ。


荒木美香さん。モニターに映っているのが「丘の礼拝堂」。木の“重々しさ”を和らげるために、木と木をつなぐ引張材にはスチール製の細い材料を使用。建物の四隅に耐力壁を入れることでこの構造システムが可能になった
「丘の礼拝堂」の構造設計をする際に、樹状の木に安定感をもたらすにはどこに引張材を設ければいいかを検証するためにつくった模型

一方で“新しい素材”を使用した例も興味深い。2018年に竣工した「TRIAXIS須磨海岸」は、神戸市の須磨海岸に建てられたワンシーズン限りの海の家。仮設の建物でありながらも安っぽさはなく、木質の爽やかな空間が夏らしさを醸し出している。

須磨海岸に建てられた海の家「TRIAXIS須磨海岸」。屋根を補強しているのがポリエステル製ベルト

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/