世界中の投資家が注目し始めた…! 「ESG投資」の“底知れぬ”可能性

もはや知らないじゃ済まされない
マネー現代編集部 プロフィール

プロが伝授する投資のポイント

とはいえ、いきなりESG投資を始めようにも一般的な投資とは少し勝手が違う。企業の財務情報のほかに、ESGに対する取り組みも考慮しなければならないからだ。あまり慣れていない個人投資家からしたら当然不安もあるだろう。

 

そこで、ESG投資を行うにあたって抑えておきたいポイントを岩永さんが教えてくれた。

「投資のプロが、複数の銘柄に分散して投資しているという意味で、ESGの投資信託はひとつの選択肢だと思います。ただし、闇雲に選ぶのではなく、どういった運用方針で投資が行われているのかを自分の目で確かめ、しっかり納得してから購入することをおすすめします。

個別株に投資をするなら、各企業が公表している『統合報告書』が参考になるでしょう。この報告書は財務情報だけでなく、企業のビジョンや今後の展望といったソフト面の情報が充実している。企業のESGに対する考えや実際の取り組みも簡単に知ることができます。

取り組みだけ見ても、企業の本気度がよくわからないという人もいるかもしれません。そんなときは企業の組織図を眺めて、ESG推進室のようなものがあるか、あるとしたらどこの組織にぶら下がっているのかを確認してみてください。例えば、それがCEO直轄のような位置付けだったら力の入れ具合は相当高い可能性があります」

photo by iStock

個別株狙いならば、日々の生活で慣れ親しんでいる消費財メーカーの株を選択肢に入れるのもいいだろう。

「洗剤やシャンプーなど身の回りの商品を扱う企業のほうが、自分との距離が近いのでESGへの取り組みも理解しやすいと思います。その際は同業他社との違いに注目してみるのもいいでしょう。

例えば、2社が同様の商品を扱っていたとしても、片方の企業のほうがより環境に配慮した容器を使っていることがあります。そういったちょっとした差でも消費者や投資家は見ていて、その積み重ねが企業への支持、ひいては売上にもつながっていくはずです」

編集部からのお知らせ!

関連記事