〔PHOTO〕Gettyimages

ドイツがいまさら「外国人マフィア」摘発強化に乗り出した理由

日本の移民政策は大丈夫か

ドイツ社会に溶け込まない外国人

現在、ドイツで大々的な外国系暴力団の取り締まりが始まっている。

ドイツというのは、豊かで美しい国だが、一方で、血縁集団のマフィアのような組織的暴力団も数多く存在する。いくつかの都市の一部には、警官さえ足を踏み入れたがらない「no go area」となっている場所もあり、ノートライン=ヴェストファレン州だけでも、現在、そういう暴力団が、大小取り混ぜて140もあるという。

〔PHOTO〕Gettyimages

問題の根は深く、70年代にまで遡る。内戦下のレバノンから来たレバノン人亡命者をドイツが受け入れた結果、彼らの一部が犯罪のネットワークを築きあげることに成功した。当時、東ベルリンがレバノン人亡命者をどんどん飛行機で入れ、そのままバスや電車で西ベルリンに送り込んだと言われる。西ベルリンを疲弊、あるいは混乱させるための作戦だったという。すでに歴史となってしまった「冷戦」の真っ只中の出来事だ。

いったい何人のレバノン人が入ったかという正確な数字は残っていないが、消息筋によれば18万人。1981年のベルリンの新聞にはすでに、「組織犯罪が増加」という記事が出ている。

現在、ドイツの犯罪数を見ると、そのレバノン・マフィアを凌ぐのが、クルド・マフィアだ。こちらも70年代に多く入った。クルド民族は、トルコ、イラク、イラン、シリアにまたがる山岳地帯に住んでいて、2500〜3000万人ぐらいの人口を持ち、国を持たない最大の民族と呼ばれている。そして、どの国においても抑圧されている。

1970年代の終わりから80年代初めにかけて、ドイツ政府がトルコにいたクルド人の政治亡命を認めたため、多くが入国して住み着いた。現在、ドイツには300万人のトルコ系の移民が暮らすが、クルド人はその中のかなりの割合を占めていると思われる。そして、その一部がドイツ社会に溶け込まないまま、闇の世界を形成していった。

そこに、91年のソ連崩壊と、それに続いた共産圏の消滅、そして、こじれにこじれたユーゴ内戦などのせいで、さらに膨大な数の難民、政治亡命者、あるいは労働者が入ってきた。それと共に、ドイツには、ルシアン・マフィア、ウクライナ・マフィア、ルーマニアやポーランドやアルバニアやコソボのマフィアなど、さまざまな凶悪犯罪グループが形成された(ここで使っている「マフィア」という言葉は、イタリアのマフィアのような、主に血縁関係を主体とした犯罪グループという意味)。

 

麻薬、売春、密輸、強盗、スリ、空き巣と、彼らが手を染める犯罪の種類はすでに多岐にわたる。都会で物乞いをしている人たちも、組織的犯罪の一環であることが多い。暴力団はすでに様々な利権を獲得し、彼らが暗躍できる法律のグレーゾーンも拡大している。今や下手に告発すると、裁判で検察が負ける可能性も高い。ギャングたちはビジネスライクで、しかもプロなのだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
編集部からのお知らせ!

関連記事