〔PHOTO〕iStock

老人ホームで「介護職員による入居者虐待」がなくならない本当の原因

賃金改善よりも先にやることがある

虐待の動機は単純ではない

相変わらず、老人ホーム内での介護職員による入居者虐待がなくなりません。はたして、「虐待」の真因は何なのでしょうか?

今回は、老人ホーム内で多発する入居者虐待の現実について話をしていこうと思います。入居者エピソードではありませんが、老人ホームに興味がある方は、「虐待」の背景にあるこの真因について理解していただきたいと思います。

〔PHOTO〕iStock

昨年11月にも、岡山県内の老人ホーム内で、20人以上の職員が入所者に虐待を繰り返していたとして、県はこの施設に対し、新たな入所者の受け入れを1年間停止するよう命じる行政処分を行いました。

県によると、少なくとも今年3月までの1年以上にわたり、職員22人が入所者13人の腹をひもで強く縛り体を拘束する虐待を繰り返していた、ということです。また、食事を途中で下げたり、入所者を部屋に閉じ込めたりするといった虐待も、確認されていると言います。

読者の皆さんは、この事実をどう受け止めるでしょうか。

介護の仕事をしている人は、きっと心優しい人に違いない。なのに、そんな人たちがなぜ? と考える読者の方も、けして少なくないと思います。

また、もしかすると、介護職員は低賃金で重労働なのでストレスが溜まっていたに違いない、と考える方もいるのではないでしょうか。

 

私は、老人ホーム内で起きる介護職員による虐待は、複数の原因による複合型の問題だと捉えています。単純な動機による虐待は少ないということです。

以下、このことを詳しく解説をしていきます。

編集部からのお知らせ!

関連記事