# 経営

ポエムすぎる「決算資料」に動揺…「ジャパンディスプレイ」の経営は本当に大丈夫か?

週刊現代 プロフィール

JDIは日立製作所、東芝、ソニーの小型液晶パネル事業を統合して2012年4月に発足した。

国策ファンド「産業革新機構」が2000億円もの巨額を投じ、発足から約2年で上場したものの、業績は悪化の一途。赤字を垂れ流している。

 

「'20年からは、JDIを金融支援した投資顧問会社『いちごアセットマネジメント』のトップであるスコット・キャロン氏が会長に就いて経営立て直しを目指していますが、あの資料を見る限り、打開策が見つからず頭を抱えているのでしょう」(前出・経済部デスク)

株主の心に届く言葉を紡いでほしい。

『週刊現代』2021年2月27日・3月6日号より

編集部からのお知らせ!

関連記事