「好意を持てば必ず好意で返ってくる」オリラジ藤森が語る「ミーハー精神と人間関係構築のコツ」

ラリー遠田 プロフィール

「人生を丸ごとエンターテインメントにしたい」

——ご著書の中でも「人生を丸ごとエンターテインメントにしたい」と書かれていましたね。芸人なら面白いネタを作らないといけないとか、テレビで面白いエピソードトークをしなきゃいけないっていうイメージがありますけど、芸人の仕事はほかにもいろいろあるというふうに考えが変わってきたんですよね。

藤森:そうですね。まあ、僕の中でそういうふうに整理しないとやってらんないな、っていうのもあったんで。芸人だったら『(人志松本の)すべらない話』に出る、『IPPONグランプリ』に出る、『踊る!さんま御殿!!』に出る、とか。それも全部必要なスキルではあるし、そこに憧れもあるんですけど、それができないと芸人としての価値がないっていうことになると、俺、もう生きていけねえじゃん、って。だから、僕はミュージカルもやるしドラマも出る。ミュージカルをやっている状態も、僕の中では面白いエンターテインメントなんだよ、って。……まあ、強引なこじつけですけどね。本当は『IPPONグランプリ』で優勝してみたいですよ(笑)。

——憧れはあるんですね。

藤森:めちゃくちゃありますよ。じゃないとこの世界入ってないですし。最初はテレビに出れたらいい、芸能界に触れられたらいい、って思ってましたけど、入ってから芸人に触れたことで、芸人へのリスペクトの気持ちがすごく大きくなっていて。たまにあっちゃんにも言われるんです。「お前はいつの間にか俺より芸人になってるな」って。やっぱり単純に好きですし、憧れるんですよね。

 

——藤森さんのそういう感覚というのは、先輩芸人と付き合っていく中で身についていったものなんでしょうか。

藤森:そこしかないですね。僕が芸人を好きになっていったのは、本当にいろいろな恵まれた先輩たちに囲まれていたおかげですね。この間、品川(祐)さんともYouTubeを撮ったんです。もう仕事では何年もご一緒してなかったんですけど、やっぱりこの人、しゃべらせたらすげえな、って改めて思ったし。品川さんは最近、優しくなったとか、ちょっといい人っぽくなったって言われていたじゃないですか。いやいや、違うでしょ、人の話さえぎってでもずっとしゃべり続ける人でしょ、って。それを間近で体験できたときにめちゃくちゃ興奮しました。山本(圭壱)さんだったら家に突撃して大暴れして、とか。それぞれが一番輝く武器で戦っているときが一番好きですね。

編集部からのお知らせ!

関連記事