受験後、友情に亀裂……の悩み

今回、読者の方からこんな悩みが届きました。

今、中学3年です。友だちとのことで悩んでいます。
ついこの間、受験で第一志望の私立高校に受かりました。でも、仲良しの友達は、第一志望に落ちてしまい、とっても落ち込んでいます。ものすごく頑張っていたのを知っていたので、励まそうと思ったのですが、合格発表の後から避けられるようになってしまいました。
もう友達との関係は元には戻らないのでしょうか。なんだか、第一志望に受かったこともうれしくなくなってしまって……。大好きな友達と思い出を残したいのに……。どうしたら、友達との関係を元に戻せますか。

(15歳 中学3年生 Yさん)
仲良しの友達と受験の合否きっかけに疎遠に……。この難題、どう解決したらいい?photo/Getty Images

まさに、入試真っただ中の今。試験や発表がこれから、と言う人も多いはずです。そんな中、希望の進路に決まった人、不本意だけど別の選択をしなければならない人と分かれ、そこにはさまざまな人生模様も展開されます。

-AD-

「これは難しい問題だよね……」と今回はいつも以上に深く考えながら、答えを探ってくれたのは、『HONEBONE(ホネボーン)』のエミリ(EMILY)さん。

『HONEBONE』は、ジワジワとファンを拡大中の川口(KAWAGUCHI)さんとエミリ(EMILY)さんによるフォークデュオ。誰もが隠し持っている心の奥底にある想いやジレンマなど、モヤモヤと憤る気持ちにフォーカスした歌詞は「わかりみが強すぎる」と多くの人から共感を集めています。

HONEBONEのふたり。右がエミリさん、左が川口さん。

そんな心に寄り添う歌詞を紡ぐHONEBONEのエミリさんに、毎回読者の方からの悩みに答えてもらうこの企画。果たして、受験後の友情に悩む中学生の相談にエミリさんはどう回答するのでしょうか?

また、ラストはHONEBONEが悩みに合せたアンサーソングを制作&歌ってくれる動画もついているので、最後までぜひチェックしてみてください!

※「ごじゃっぺ」とは、北関東の言葉で「いいかげん」「バカ、マヌケ」「役に立たない」などの意味があります(諸説あり)。

今までの『エミリのごじゃっぺコラム』を一気に読みたい方はこちらから