人生100年時代。そして、自分の体は自ら守らなければいけないwithコロナ時代。とは言っても、運動は苦手だし、何から始めていいのか分からない。そんな人が「一生動ける体」でいるためにできることは何でしょうか。

そんなヒントを教えてくれるのが、かつてK-1ファイターとして活躍し、2001年には日本グランプリでチャンピオンに輝き、「青い目のサムライ」と称されたニコラス・ペタスさん。引退し50代を間近にした現在は、東京・西麻布の人気トレーニングジムのオーナー兼トレーナーとして、アスリートからまったくの運動初心者まで、10代から70代までのまさに老若男女を日々指導しています。

格闘家時代には、17回の骨折、7回の手術という、怪我に次ぐ怪我を経験。リハビリを乗り越えた現在、両脚人工股関節でありながら、指導するだけでなく、自身も毎日のトレーニングを欠かさないそう。それはかつての「闘うための体」作りではなく、一生自分の脚で歩いて人生を楽しむために必要な「動ける体」を作るトレーニングなのです。

ニコラス・ペタス
1973年生まれ。デンマーク出身。「クロスフィット西麻布」オーナー&マスタートレーナー。空手修行のために17歳で単独来日。1991年、極真会総裁・大山倍達の最後の内弟子となる。1998年よりK-1に参戦し、2001年、K-1日本グランプリで優勝。現在は、アメリカ発祥のフィットネストレーニング「クロスフィット」のトレーナーとして10代から70代までのクライアントを日々指導する。著書に『100歳まで動ける体 50代から始めても大丈夫!』(講談社)など。
-AD-

運動は子どもの遊びと同じ

運動は昔から苦手。痩せたいと思ってジムに入ったけれど続かなかった。健康診断で「運動してください」と言われたけれど、なかなか始められないでいる。ウチのジムに体験にいらっしゃる方たちの中にも、そういう人は少なくありません。わかります。けれど「運動」と言うと、みなさんキツく、過酷なものをイメージしすぎているのではないでしょうか。

少し自分の子ども時代のことを思い出してみてください。体育の授業はそれほど楽しくなかった、部活がキツくて運動が嫌いになった、という人も、放課後の友達との鬼ごっこやボール遊びには夢中になっていたのではないでしょうか。

Photo by iStock

運動は、子どもの遊びと同じです。大人になった今、「そんなやり方じゃダメだ!」と怒る鬼コーチはいません。辛いこと、きついことを続けるのは誰でも難しいですから、気持ちいい、と感じているところでやめてしまって構わないのです。サボっても気にしなくていいのです。遊びですから。

たとえばランニングを始めるとします。「速く走らなければいけない」「長く走らなければいけない」という決まりはありません。自分が気持ちいいペースで走ればいいのだし、辛くなったら走るのをやめて歩いたって怒る人はいません。遊びですから。