NHK『青天を衝け』公式サイトより引用

大河『青天を衝け』の「ナレーション多すぎ問題」に、賛否が大噴出している…!

家康も「解説役」で出てくるけど…

ナレーションのせいで集中できない…?

大河ドラマ『青天を衝け』、第一回の視聴率が20.0%と、大河では2013年の『八重の桜』以来となる20%台での好スタートを切った。

2月21日には第二回が放送された。前回は、おもに主人公・渋沢栄一の少年時代が描かれ、演じていたのも子役の小林優仁がほとんどだった。今回は後半から、青年となった栄一を吉沢亮が演じ、本格的にストーリーが動き始めたかたちだ。

吉沢亮〔PHOTO〕Gettyimages
 

が、そんななか、同作のある演出が視聴者の間で賛否を呼んでいる。それは、ナレーション(公式サイトでは「語り」とされている)についての賛否である。

ツイッターなどSNSで目立つのは、ナレーションが多すぎるのではないか、という声だ。SNSには、以下のような趣旨の投稿が相次いだ。

「ナレーションが多くてドキュメンタリーを見ている気分になる」

「ナレーションが必要以上に多くてくどい」

「ナレーションが多くて集中できない」

「ナレーションが多くて朝ドラっぽい」

「説明が多くて、視聴者がナメられているように感じる」

編集部からのお知らせ!

関連記事