10年で株価160倍!「頭がおかしい」アイデアにイーロンは賭けた

テスラモーターズという革命(1)
アシュリー・バンズ プロフィール

電気自動車に惚れ込んだ2人の起業家

このころ、「リチウムイオン電池駆動のクルマ」というアイデアに惚れ込んだ起業家が北カリフォルニアにも2人いた。マーティン・エバーハードとマーク・ターペニングである。2人は1997年にヌーボメディアという会社を立ち上げ、電子ブックリーダー草創期に「ロケットイーブック」を開発している。この業務を通じて、最先端のデジタル家電の世界に精通し、ノートPCなどのリチウムイオン電池の驚異的な進化も知っていた。

 

電子ブックリーダーは時代を先取りしすぎて商業的には失敗に終わったが、その技術力はTVガイドなどの電子番組ガイド技術を持つジェムスター・インターナショナルの目に留まり、2000年3月にジェムスターがヌーボメディアを1億8700万ドルで買収する。莫大な利益を手にした後も2人は連絡を取り合い、シリコンバレーの高級住宅街に移り住み、次のターゲットを探していた。

エバーハードは才能あふれるエンジニアだが慈善活動にも熱心で、地球温暖化対策にも早くから真剣に向き合っていた。そのため、ガソリン車に代わる代替策には敏感だったのだ。まずは水素燃料電池の可能性を探ったが、いまひとつだった。かといって、ゼネラルモーターズ(GM)が発表した電気自動車「EV1」のリースというアイデアもピンとこなかった。

そんなとき、ACプロパルジョンが提唱する「100%の電気自動車」というアイデアには大いに興味をそそられた。エバーハードは2001年にACプロパルジョンを訪れ、「50万ドル出すので、鉛蓄電池ではなく、リチウムイオン電池版を作ってもらえないか」と頼んだが、受け入れてもらえなかった。そこで自ら会社を起こし、リチウムイオン電池の電気自動車を開発しようと考えた。

エバーハードは、重量、バッテリー搭載数、タイヤや車体の抵抗などといったバランスを調整しながら最適な形状と性能を検討した。その結果、当時流行っていたSUV車や小型トラックでは難しいことがわかった。軽量の高級スポーツカーに最適だと結論を下した。走りが速く、運転する楽しさがあるのはもちろんだが、人々の予想を超える走行距離を確保することも大切だ。

一方、仲間のマーク・ターペニングは、電気自動車購入者層の財務面を調査していた。これにエバーハードの技術仕様を重ね合わせ、プロジェクトの実現性を探ろうとしたのである。当時、カリフォルニアではトヨタのプリウスが発売され、環境問題に敏感な富裕層を中心に広がりを見せていた。

「ゼネラルモーターズのEV1のオーナーの平均年収を調べたんですが、だいたい20万ドルでした」とターペニング。レクサスやBMW、キャデラックを追いかけていた層にとって、電気自動車やハイブリッド車はまた別の意味でステータスシンボルだった。こうした米国の高級車市場規模は当時30億ドル。2人はこの市場に狙いを定め、富裕層が乗って楽しいクルマの開発をめざすことにしたのだった。

関連記事