Photo by GettyImages

10年で株価160倍!「頭がおかしい」アイデアにイーロンは賭けた

テスラモーターズという革命(1)
気候変動への認識の変化が自動車産業界を大きく変え、電気自動車の開発にトップ企業がしのぎを削るようになった。火付け役にして先頭ランナーはもちろん、イーロン・マスクが率いるテスラモーターズだ。2人の起業家が「テスラモーターズ」を立ち上げ、イーロン・マスクが出資したのが2003年。株式時価総額が世界7位になった今からは信じられないことだが、創業当初、テスラの事業計画は周囲から一笑に付されていた。しかし創業者には気候変動を何とか止めたいという強い信念があった。どんな思いと先見性が世界市場を開拓したのだろうか。創業前から最初の試作車「ロードスター」完成までの「100%の電気自動車」誕生史を、「読者が選ぶビジネス書グランプリ」2016年グランプリを受賞した『イーロン・マスク 未来を創る男』第7章「100%の電気自動車」から4回にわたってご紹介しよう。

中古ポルシェを電気自動車に作り替えた男

J・B・ストラウベルという男がいる。頰には5センチほどの傷跡がある。高校時代に化学実験で負った怪我が原因だった。13歳のとき、ゴミ捨て場で古いゴルフカートを見つけた。家に持ち帰って修理し、電気モーターを分解修理したところ、再び動くようになった。何でも分解して組み立て直すのは、一種の趣味のようなものだった。

スタンフォード大学に進学し、物理学者を目指した。だが、物理学は自分に向いていないことに気づく。上級コースは理論に偏り過ぎており、手を動かすのが好きなストラウベルは興味を持てなかったのだ。そこで彼はエネルギーシステム工学という分野を自ら作り上げてしまった。90年代も終わろうとしているころのことである。

「ソフトと電気を生かして、エネルギーを制御したかった。コンピューティングとパワーエレクトロニクス(大電力エネルギーの高度な制御技術)の融合を目指しました。要するに自分の好きなことを組み合わせたんです」とストラウベルは語る。

 

当時はまだ地球環境問題の解決策となるクリーンテクノロジーの動きは見られなかったものの、太陽光エネルギーや電気自動車に実験的に手を出す企業はあった。ストラウベルは、そんなベンチャーを見つけては、交流を持つようになった。やがて自宅のガレージでも友人を集めて同じような実験に着手するようになった。

「ゴミ同然のポルシェ」を20万円ほどで手に入れ、電気自動車に作り替えた。つまり、電気モーターを制御するコントローラーを自作し、充電器も一から開発し、クルマ全体の動作を担うソフトも自ら書き上げたのである。このとき、4分の1マイル(約402メートル、日本風に言えばゼロヨン)を17・28秒で走り、電気自動車の世界記録を打ち立てている。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/