# マンガ

大ヒット漫画『七つの大罪』、ここへきてなぜか「24巻無料化」に踏み切ったワケ

「電子嫌い」の作者が語った熱い想い

累計3700万部を超えるヒット作『七つの大罪』は、2020年3月に完結し、約8年の連載を終えた。作者の鈴木央は「電子嫌い」を公言してきた作者だが、「マガジンポケット」上で2月23日から本作の24巻無料を実施するという。「電子嫌い」だった作者はいったいなぜ、今回24巻もの巻数の無料化というに踏み切ったのか。今回、『七つの大罪』作者・鈴木央に特別インタビュー。その心境の変化の「理由」を聞いた。

 

ずっと漫画を描いてきた

――今回、『七つの大罪』の電子版24巻分無料化を行うと伺いましたが、本作はいままでほとんど電子版の無料化キャンペーンなどを行ってこなかったそうですね。

鈴木 はい。僕の中では、やはり紙の単行本で読んでほしいし、紙の書店を大事にしてほしいという思いが強くて、そういった電子版の無料化みたいなことにはあまり乗り気ではありませんでした。

単行本の電子版自体も発売されてはいるんですが、新刊の発売日を、紙の単行本より1か月遅れにしてもらうようにお願いしていました。アナログ人間だと言われるかもしれないんですけど、僕自身が紙で漫画を読んで育ってきたので、どうしても思い入れが強くて。それに、僕自身がインターネットをまったくやらないというのもあります。

――「インターネットをまったくやらない」というのはすごいですね! 先生は「電子嫌い」ということを伺いましたが……。

鈴木 パソコンとかスマホとか、全然できないんです(笑)。10代で福島から上京して以来、ずっと漫画を描いてきたので、そういうものに触れる機会がないままに今に至っています。

僕はゲームがすごく好きなんですけど、PS4もインターネットに繋がず一人でやっていますから。昔、あるゲームで初期出荷分にバグがあって先に進めなくなってしまって、どうやらインターネットで修正されたみたいなんですけど、僕のPS4はインターネットに繋がっていないので、そこから永遠に進めなくなってしまったこともありました(笑)。

関連記事