Yahoo!知恵袋をバイブルに、彼氏に潮を吹かせたTちゃんの苦悩

佐伯ポインティのとれたて猥談!
「エロデューサー」という肩書きで活動し、日本初の「猥談バー」を手がける佐伯ポインティさん。彼のもとに集まる大量の猥談から選りすぐりの「ちょっとエロい話」をお届けします。

「彼氏の潮吹きを開発したらクセになってしまい、どちらが出るのか分からないのでフェラができなくなった」

今回はフェラがスリリングになってしまった猥談!

詳細が気になりすぎるので、投稿者のTちゃんに取材してきました!

 

デビュー戦は鎖骨でKO!レディコミとYahoo!知恵袋から学んだTちゃん

Tちゃん 小学生ぐらいから床オナとシャワーオナニーしてたんですけど、これはオナニーなんだって自覚したのは大学生で。

ポインティ じゃあ、イクことはどう捉えてたの?

Tちゃん なんですかね……何かが……何かになる?みたいな。

ポインティ すごい抽象的!いつオナニーだって自覚したの?

Tちゃん 大学の後輩と挿入以外全部やる関係になって、それでオナニーを自覚してするようになって。

ポインティ 池の水ぜんぶ抜くみたいに言うね。

Tちゃん サークルで飲みいった帰りに、彼だけが私の家にきて。でも決定的なことはせず、私は彼の鎖骨をずっと吸ってて。

ポインティ ワロタ、なんで鎖骨?

Tちゃん 服を脱がせずに首や耳とか彼の気持ちいいところを探ってたら、鎖骨だけすごい反応が良くて!

ポインティ 彼の性感帯が鎖骨にあったのね!

Tちゃん そうなんです!これ言うと彼は否定するんですけど……おそらく鎖骨だけでいってました。アッてなった後、体育座りですごい落ち込んでたので。

ポインティ デビュー戦から鎖骨でいかせたのすごいね!

Tちゃん お母さんのレディコミを読んでて知識だけはすごいあって。それから、彼が月1回ぐらい家にくるようになって。

編集部からのお知らせ!

関連記事