2021.02.21
# 大学入学共通テスト

受験生を振り回した「大学入学共通テスト」、結局何が変わり、変わらなかったのか…?

振り回されっぱなしの受験生

第一回大学入学共通テストが第1、第2日程ともに終了した。鼻出しマスク男などの一部の騒動を除けば、非常事態宣言下での、しかも今回が初めてとなるテストがなんとか無事に終えられたことは幸いだった。

ただ、対コロナのことに紛れて、受験生たちのもう一つの受難のことを忘れるわけにはいかない。センター試験からの衣替えにあたり、特に英語や国語は途中何度も指針が変わり、結局新テストではどのような問題が出るのかよくわからないまま当日を迎えねばならなかったからである。

〔PHOTO〕iStock
 

とにもかくにも今年の受験生たちは振りまわされっぱなしだった。

英語の民間試験導入や、いくつかの科目での記述式設問の導入について喧伝された記憶のある方も多いだろう。この新傾向は、各方面からの批判を浴びて「見送り」になった。

国語に関しても非常に大きな変化がもたらされることになっていて、私も何度かこの変化を批判的に伝えてきた。

しかし、結論から言えば、今年の本試に関するかぎり(特例追試はまだだが、受験生の数は極端に少ない)、センター試験からそれほど大きく変わらなかった。いや、ほとんど、目を疑うほど変わらなかった。あれほど物議を醸した、何度にもわたる試行調査は一体なんだったのか。

2019年12月に寄稿した二本の記事で詳述したが(「共通テスト「国語の記述式」が実施された時に起きる、ヤバすぎる事態」「迷走の共通テスト、国語は「記述式」以外にもこんなに問題がある」)、かんたんに復習すると、センター試験から共通テストになるにあたり、以下の改革の三本柱が表明された。

(1)記述式設問の導入
(2)実用文(表・グラフ等を含む)の導入
(3)複数テクスト化(一つの大問の中に複数の文章)
 
先述のとおり、このうち(1)の記述式設問に関しては「見送り」が本番13カ月前になって正式に発表された。

関連記事