NHK『青天を衝け』公式サイトより引用
# ドラマ # 青天を衝け # エンタメ

好スタート『青天を衝け』は「視聴率の鬼門・明治時代」を乗り切れるか、その目算

気になる2つのポイント

視聴率20%の好スタート 

『青天を衝け』の初回の視聴率は20%、好調な発進であった。

おそらく前週2月7日に『麒麟がくる』の最終回が放送され、間をあけずに次週2月14日に第一話が放送されたからだろう。

主演の吉沢亮〔PHOTO〕Gettyimages

『麒麟がくる』の最終話は本能寺の変が描かれ、話題になった。

明智光秀は、天正10年に織田信長を本能寺で殺した。そこはきちんと描かれた。でもそこまでしか描かれなかった。11日後の山崎の合戦で光秀は敗れたがしかし『麒麟がくる』では死んだとはされなかった。

その3年後の、生き延びたとおもわれる光秀が映し出されたのである。

光秀は、山崎の合戦以降も生き延びたのではないかという、歴史的な妄説が採用され、とても驚いた。とても愉快でもあった。

その話題の余熱が冷め切らぬうちに一週間が経って、『青天を衝け』が始まった。
しかも、冒頭、徳川家康が出てきて、日本の歴史について語った。

「信長様にすすめられて」私も鉄砲を使い、平和の世をもたらした、「徳川幕府の二百六十年」をよい時代だったと自賛していたのである。

この家康の登場は『麒麟がくる』を受けての登場だったのだろう。

明智光秀から渋沢栄一につなごうとして、家康が出てきたように見える。

 

44年ぶりの…

大河ドラマで、前作の最終話から、7日後の日曜に、つまり一週間後に次作が始まるのは、じつに44年ぶりのことである。

大河ドラマ第14作『風と雲と虹と』の最終話は1976年の12月26日に放送され、その一週間後、1977年1月2日に『花神』の第一話が放送された。

これが一週間の間隔で大河ドラマが交代したもっとも近い放送になる。

編集部からのお知らせ!

関連記事