〔PHOTO〕gettyimages

GACKT大炎上、「愛犬を里子に出しました」動画に獣医師として思うこと

ペットロスの人にNGの言葉とは?

GACKTさんが2月10日に自身のYouTubeチャンネルに投稿した動画「GACKTが愛犬を里子に出しました。」が炎上騒ぎになっています。

10年以上飼っていたミニチュア・ダックスフンドを亡くし「ペットロス」になっている知人の奥さんに、GACKTさんが5ヵ月飼っていた愛犬・フェンディちゃんをサプライズでプレゼントするというものでした。

GACKTさんといえば、お正月人気番組「芸能人格付けチェック」で、個人での連勝記録を伸ばし、完璧を目指す人のように見えます。過去には、この番組のプレッシャーとストレスから、円形脱毛症ができたことを告白されていたほどですから。

 

おそらく犬好きなGACKTさんは、日ごろから、お世話になっている知人の奥さんが、ペットロスと聞いて居ても立っても居られず、何かをしてあげたかったのでしょう。一肌脱いで、美談になるはずでした。

ところが、動画をアップしたところ、「愛犬家」から大きな非難を受けています。何が問題だったのかを見ていきましょう。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/