日本は「怖い国」だって…? ある「在日コリアン」が直面した「強烈な違和感」

ニューカマーたちの「リアル」
崔 碩栄 プロフィール

もう一つの「違和感」

日本に居住する韓国・朝鮮人には大まかに二種類の人々がいる。1920~30年代以降に来日し定住した人々の子孫であるオールドカマーの在日と、韓国で生まれ、仕事や留学や結婚などの経緯で主には80年代以降に来日したニューカマーの在日の二種類である。

マスコミで「いつ殺されるかわからない」を主張するのは多くが日本で生まれ育ったオールドカマーの在日たちだが、私にはまずはそのことに大きな違和感がある。なぜなら少なくとも私の周りにいるニューカマーの韓国人の中にそんな恐怖を語る者は誰もいないからだ。

そもそも日本語を母語とし、文化的習慣や価値観も日本人と変わるところの少ないオールドカマーに比べれば、ニューカマーの方が「差別やヘイト」の被害を受けやすいはずなのに、自らの被害者性や日本の加害者性や暴力性を語るのが、多くがオールドカマーの在日たちだというのは何故なのか。

 

もう一つ違和感を覚えることがある。

彼らはその恐怖や不安を日本のメディアに語り、日本のメディアもそれを日本人たちに積極的に伝えようとしているようであるが、「外国人」としての恐怖を訴えたいというなら、何故、これから日本に来ようとしているニューカマー候補生たちに警告を発しようとはしないのだろうか。

日本での生活を夢見るニューカマー候補生たちには何かしら日本に対する幻想があるに違いないが、この国は実は外国人をひどく差別する国なんですよということをなぜ本国の人々に教えようとはしないのだろうか。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事