Photo by GettyImages

わが子のためにこんな塾は選んではいけない! SAPIX、早稲アカ、日能、四谷大塚「四大塾」の特色

令和の中学受験 保護者のための参考書(11)
中学受験生の大半が進学塾に通って、入試に向けた準備をおこなう。どのような種類の中学受験塾が存在しているのか、わが子に合った塾はどこにあるのか、悩む保護者はぜひ参考にしてほしい。
計27年間中学受験の世界に身を置く作者、矢野耕平が受験で後悔しない方法を伝授。塾の新学期は2月から…『令和の受験 保護者のための参考書』で保護者も中学受験を“正しく”理解しよう。毎日連載>これまでの連載はこちら!

首都圏「四大塾」それぞれの特徴

中学受験塾にはさまざまなタイプがありますが、首都圏にはいわゆる「大手」と呼ばれる塾が幾つかあります。その中でも数多くの生徒数を抱えている4つの塾を「四大塾」と言い表します。この「四大塾」の特徴を簡単にまとめましょう。

『SAPIX』公式ホームページより
SAPIX……難関レベルの学校に最も多く合格者を輩出する塾です。授業進度が比較的速いのが特徴的で、生徒たちにかなりの量の家庭学習を求めるスタイルです。また、SAPIXの中でも規模の大きな校舎になると、各学年15クラス以上の学力別クラス編成がなされているため、毎月のテストでのクラス昇降が激しい面もあります
日能研……「シカクいアタマをマルくする。」のキャッチフレーズや、電車内の「入試問題付きの広告」は有名です。他の塾と比較すると、1クラス当たりの生徒数が多い傾向にあります。クラスの変動は2ヵ月ごとにおこなわれ、成績で席順が変わります。学習カリキュラムが緩やかなのも特徴的です。難関校から中堅レベルの学校まで幅広く合格者を輩出しています。

関連記事

おすすめの記事