Photo by iStock

中学受験するなら、塾は小学何年生から通うべきか

令和の中学受験 保護者のための参考書(10)
中学受験生の大半が進学塾に通って、入試に向けた準備をおこなう。どのような種類の中学受験塾が存在しているのか、わが子に合った塾はどこにあるのか、悩む保護者はぜひ参考にしてほしい。
計27年間中学受験の世界に身を置く作者、矢野耕平が受験で後悔しない方法を伝授。塾の新学期は2月から…『令和の受験 保護者のための参考書』で保護者も中学受験を“正しく”理解しよう。毎日連載>これまでの連載はこちら!

塾に通い始めるタイミング

中学受験をするに当たって塾は欠かせない存在です。受験生の中には塾に一切通わずに中学入試に挑戦する子もいるかもしれませんが、せいぜい数百人に1人いるかいないか……。そんなところです。

Photo by iStock

それでは、中学受験塾の果たす役割はどういうものがあるのでしょうか。大雑把に3点示します。

1.中学受験塾はサービス業、すなわち代行業であり、ライバルたちと競い合いながら子が学習に励むことのできる場を提供するとともに、保護者に代わって中学受験に向けた指導をおこない、子の成績向上に努める

2.保護者に子の学習状況を逐一報告するのはもちろんのこと、最新の中学受験情報を随時伝えていく

3.子の成績を冷静に分析するとともに、「受験校選定」に向けたアドバイスをおこなう

中学受験塾に通い始めるタイミングとして多いのは、小学校3年生から小学校4年生にかけてです。中でも小学校4年生から塾通いを始めるケースが一般的です。

では、小学校3~4年生から塾で学ばなくては中学入試に間に合わないのでしょうか。そうではありません。

多くの中学受験塾では「5年生」「6年生」の2年間をかけて、中学入試において出題される学習範囲を網羅できるようにカリキュラムを組んでいます。ですから、5年生からの中学受験勉強であってもカリキュラム上の支障はないのですね。

それにもかかわらず、なぜ3~4年生から塾通いをされる方が多いのでしょうか。

わたしが経営するスタジオキャンパスの授業回数・時間を例に挙げて説明しましょう。

【例・スタジオキャンパス・1週間の学年別授業回数と授業時間】
 小3 週1回 授業時間・1時間20分(週)
 小4 週2回 授業時間・4時間(週)
 小5 週3回 授業時間・11時間20分(週)※その他、土曜日のオプション講座有り
 小6 週3回 授業時間・12時間(週)※その他、土曜日・日曜日のオプション講座有り
 

これを見ると瞬時にお気づきになると思います。そうです。「小学校4年生」から「小学校5年生」に進級すると一気に授業時間が増えるのです。これはわたしの塾に限った話ではありません。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/