by Gettyimages
# 新聞

新聞発行部数、ついに「1年で271万部減」の衝撃…! 新聞業界に追い打ちをかける「ヤバい問題」

3年で大新聞が丸々1つ消える勢い

紙の新聞の凋落が止まらない。かつては電車内で新聞を広げて読む人が目についたものだが、今ではすっかり見かけなくなった。

それもそのはず。日本新聞協会の調査によると、2020年10月現在の新聞の発行部数合計(朝夕刊セットは1部と数える)は3509万1944部と、3年前に比べて700万部あまり減少した。業界2位の朝日新聞(516万部)が消えた計算になる。

しかも、下げ止まる気配は全くない。2017年は前年比2.7%の減少だったが、2018年5.3%減、2019年5.3%減、そして2020年は7.2%、271万部減と年々減少率は大きくなっている。

Photo by Gettyimages

新聞発行部数のピークは1997年の5376万5000部で、2000年以降は前年を上回ったことがなく、2008年あたりから減少率が大きくな利、ここ3年は目を覆うばかりの減少だ。まさにつるべ落としと言える。

いやいや、もはや新聞は紙ではなく、電子版の時代だから、紙の新聞が減っていくのは当然だ、という見方もあるだろう。

最も、電子版で成功していると見られている日本経済新聞の場合、ピークは2008年の305万部で、2020年6月の日本ABC協会公査による朝刊の販売部数は206万8712部。紙の新聞は98万部減った事になる。

日経新聞の公表では2020年7月1日現在の電子版の有料会員数は76万7978件なので、紙の減少を電子版でかなり吸収していると見ることもできる。筆者もそうだが、実際には紙の新聞をとっていても、ほとんど電子版しか使っていない読者もいるだろう。紙からデジタルへの流れは確実に起きている。

 

最も、それは電子版で先行している日経新聞ならでは、という見方もできる。最近は各社とも電子新聞に力を入れているが、まだまだこれからといったところだ。電子新聞に消極的だった読売新聞も最近は急ピッチで電子新聞の拡充を急いでいる。それでも、確実に紙の新聞離れは進んでいると見ていいだろう。

編集部からのお知らせ!

関連記事