〔PHOTO〕gettyimages

「朝鮮人が井戸に毒を入れた」100年前と同じ文句が飛び交うこの国の「ヤバすぎる現実」

あなたのネタで殺される前に

関東大震災後、何が起きたか?

「124ページ開いて。関東大震災の箇所を読んでもらおうかな。きょうは13日だからタナカさん!」

大きな黒板を背にした40代後半ぐらいの女性がとなりの子を指した。

「はい! 1923年(大正12年)9月1日、関東地方南部を震源とした地震が発生しました」

はきはきとした声が響く。

周りを見回す。3~40人の子どもたちが学習机に座っていた。後ろを振り返る。 蜂巣みたいなロッカーに黒と赤のランドセルが入っていた。前を向く。だれもいない。おかしい。さっきまでいたはずなのに。

〔PHOTO〕gettyimages
 

「コツン」

軽快な音が鳴った。痛みが頭に広がる。

「きょろきょろしない」

ささやき声がする方向を見た。黒板の前にいた彼女がいる。よく見たら高学年のときの担任だ。「あたらしい社会」と太いゴシック体で書かれた表紙の本を持っていた。背表紙で叩かれたらしい。

また注意されないよう、教科書を熱心に読むふりをした。

「震災後、『朝鮮人が井戸に毒を入れた』などの噂が流されたため、朝鮮半島や中国から来たひとたちが数多く殺されました」

「はい。そこまで」

黒板の前にふたたび立った先生がわたしたちを向いた。

「いまから100年近く前、わたしたちの住む県で虐殺事件が起こりました。見沼の常泉寺には犠牲になった朝鮮のひとのお墓があります。おなじ過ちを繰り返さないよう、しっかり学ばなければいけません」

淡々としているが、どこか熱を帯びていた。

編集部からのお知らせ!

関連記事