見え隠れする韓国の「甘えの構造」女優・黒田福美さんに聞く日韓関係のリアル

韓国の陽と闇
小泉 カツミ プロフィール

韓国を諦めない

それにしても、慰霊碑の事件で散々韓国人に裏切られたのに、まだ黒田さんは韓国を諦めてはいない。それは一体なぜなのか。

「それは破壊された慰霊碑を再建してくださった韓国の法輪寺ご住職(尼僧)に出会えたからかもしれません。お蔭様でその後12年間、ソウル郊外のお寺で法要を続けています。ご住職に会っていなかったら、私は韓国との縁をつないでいけなかったかもしれません。彼女が、『本来我々がやらなければならなかったのに、黒田さんに出会って自分たちがおざなりにしていたことを悟りました』と言っていただき、涙がこぼれました。本当にその言葉に救われたんです。

いろんなことがありましたが、それでも韓国の人たちは情の深いチャーミングな人たち。やっぱり、日韓を繋ぐことは私の使命でもあり、自己実現の喜びでもあると感じています。だからこれからもいろいろなアプローチを続けてゆきたい」

韓国・龍仁市にある法輪寺でご住職と。慰霊碑は現在横たえられている

2011年5月、黒田さんは韓国政府から「『韓国の歴史や文化』の情報を日本人に伝え続けている」として勲章を授与されている。

反日を建前にしている一方で、黒田さんの活動に感謝せざるを得ない韓国政府の本音が透けて見えるようにも思える。

黒田さんは、近い将来、韓国情報専門のYouTubeチャンネルの開設も視野に入れていると言う。

「韓国に上陸さえできれば、どこの地方に行っても何とかなる。だって、勲章もらっているから(笑)。やりたかったのはこれだ! と今からウキウキしてるんですよ」

そう言うと彼女はとびっきりの笑顔を見せてくれたのだった。

 
黒田福美さんは、昨年11月に『黒田福美の韓方案内』を上梓。これは『漢方』とは一味違う「韓国韓方」について解説した実用書。20年以上前から「韓国韓方」を体験してきた黒田さんが、韓国国内の韓方市場を訪ね歩き、韓方医、薬材など丹念に取材したものだ。自由に韓国訪問ができないコロナ禍の現在、情報に飢えている韓国ファンは、解禁後の韓国旅行の参考にこの本を手にする人が多いと言う。さらに、2月27日には、『「不時着」しても終わらない』(主婦の友社刊)も発売予定。黒田さん曰く「大人気の韓国ドラマ『愛の不時着』に特化した本。ドラマの中に登場する様々な場面を韓国語のキーワードとともに、韓国人のメンタリティを紹介した本です。ちょっと他にはない切り口の本になりました」。ドラマのファンだけでなく韓国事情に興味のある人もぜひ一読を。
「韓国韓方のすべてがわかる黒田福美の韓方案内―ソウルでキレイに!ソウルで元気に! 」好評発売中
編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/