“自爆”が止まらない文在寅 photo/gettyimages

文在寅の“自爆”が止まらない…! ついに慰安婦問題で「大失態」で、いよいよ万事休すへ

右往左往する文在寅

元慰安婦と元朝鮮半島出身労働者(「元徴用工」)問題は解決済みであった。それを再度持ち出したのは韓国の文在寅大統領である。

しかし、以前韓国に配慮してきた日本にとって韓国の行動はすでに忍耐の限界を超えた。韓国からどのような要求が来ようと、いかなる提案があろうと、それは「韓国で解決すべき問題」というだけで、一切の妥協を拒否している。

そうなると韓国の市民団体は行動をエスカレートさせ、文在寅政権にさらなる圧力を加えるようになる。裁判所は国際法を無視し、慰安婦寄りの判決を出すようになる。市民団体に寄り添ってきた文政権な結局何もできず、右往左往するだけである。

慰安婦問題を再度持ち出した photo/gettyimages
 

韓国は、慰安婦問題で米国は韓国の味方と考えていたが、バイデン政権になり様子が一変した。日米韓の協力の重要性を唱えるバイデン政権は、韓国が歴史問題にこだわり、日米韓の連携を破損することに不満を抱いている。

バイデン氏は2015年の慰安婦合意を成立させた仲介者であり、これを一方的に破棄した文在寅氏には不信感を持っているはずである。米国は、日米豪印の協力に軸足を移しており、これからはみ出した韓国に大きな圧力となっている。

そうした中、業を煮やした元慰安婦から国際司法裁判所(ICJ)に委託しようとの動きが出てきた。

関連記事