〔PHOTO〕iStock

「脱炭素」で儲ける…! 個人投資家が今からメチャ稼ぐための「本質的な考え方」

脱炭素をめぐる動きが想像を超えるペースで進展している。日本ではまだ実感がない人が多いようだが、国際社会の動向に敏感な資本市場の世界では、すでに投資先の選別が始まっている。数年後、多くの人がこの動きが気付いた時には、すでに勝負が付いている可能性が高い。

機関投資家はすでに選別を始めている

投資ファンドを運用する野村アセットマネジメントは、企業の二酸化炭素排出量を投資判断に反映させる。まずは300社を対象に、順次、対象企業を広げていくという。

これまで金融機関は企業の財務情報をベースに、収益を主な投資の判断材料としてきた。ビジネスモデルの評価と財務の評価を完全に切り離すことはできないが、最終的に企業の価値を決めるのは、現時点もしくは将来の収益であった。ところが、全世界的な脱炭素シフトの動きが顕著となってきたことから、金融機関は従来の財務情報に加えて、二酸化炭素排出量など脱炭素に関連する非財務情報を重視するようになっている。

〔PHOTO〕iStock
 

すでに日本の金融機関を含む、全世界の金融機関や投資ファンドは、「責任銀行源則」あるいは「責任投資源則」に署名しており、社会的責任を果たさない企業に対しては投融資をしないという流れが明確になっている。今後、多くの運用会社が野村アセットと同様の評価基準を設定していくだろう。

市場に対して絶大な影響力を持つ機関投資家がこうした指標を導入する以上、脱炭素に積極的な企業の株価は上昇し、消極的な企業の株価は下落する可能性が高い。個人投資家にとっても、環境関連の非財務情報は重要な判断材料となるはずだ。

編集部からのお知らせ!

関連記事