Photo by iStock
# 確定申告

知らないと大損をする「確定申告」…ルール改正で「もらえる額」がこれだけ変わる!

2020年(令和2年)分の確定申告は、青色申告特別控除65万円の要件が変更になったり、基礎控除額の10万円引き上げや配偶者控除などの所得要件緩和、ひとり親控除の創設などさまざまな変更があります。

2020年分の確定申告の変更点について、確認しておきましょう。

そして、2020年は新型コロナウイルス感染症の拡大により、自粛を余儀なくされた個人事業主の方も多くいます。

コロナ禍での家事按分、給付金の申告での処理などどんな点に注意すべきなのか。きちんと理解して、ベストな体勢で、確定申告に臨みましょう。

青色申告特別控除が10万・55万・65万の3段階に

青色申告のメリットは数多くありますが、そのうちのひとつが「青色申告特別控除を受けられる」ということ。青色申告の帳簿付けを行えば「所得金額から一定額を控除して、所得金額を減らせる」という特典です。

Photo by iStock
 

所得金額が減れば、当然、その分だけ納める税金は減ります。これだけでも青色申告を行うメリットがあるといってもよいでしょう。これを「青色申告特別控除」と呼びます。

気になるのは控除の額ですが、2019年分までは最大10万円と最大65万円の2段階でした。下記の(1)の条件を満たせば最大10万円の控除、(1)~(6)の条件を満たせば最大65万円の控除が受けられました。

(1)青色申告をしている。
(2)事業所得(農業所得を含む)か不動産所得、山林所得がある。
(3)複式簿記など正規の簿記の原則による帳簿付けを行っている。
(4)帳簿に基づき損益計算書・貸借対照表を作成し、確定申告書に添付する。
(5)確定申告書に控除を受ける金額を記載する。
(6)期限内に確定申告書・青色申告決算書を提出する。

しかし、2020年分からは、青色申告特別控除の要件が変更されました。

関連記事