Photo by iStock

「わが子に大学受験の苦労をさせたくない」加熱する大学付属校【明治、法政、中央…】の中学受験

令和の中学受験 保護者のための参考書(8)
私立中高といっても、その形態や教育内容はさまざま。保護者はどのような観点で、わが子の学校選びをすべきなのか。
計27年間中学受験の世界に身を置く作者、矢野耕平が受験で後悔しない方法を伝授。塾の新学期は2月から…『令和の受験 保護者のための参考書』で保護者も中学受験を“正しく”理解しよう。毎日連載>これまでの連載はこちら!

大学受験をするか、しないか

わが子の志望校を考える上で、「共学校」か「男女別学校」なのかは極めて重要な区分です。いままでの説明で両者の相違を理解してくださったのではないでしょうか

そして、志望校を選択する上での次なる区分けは「進学校」「半付属校」か「付属校」かです。簡単に言うと、わが子が大学受験の道を選ぶか否かということです。

Photo by iStock
 

大学受験をすることが前提となる「進学校」について、その長短に触れていきましょう。

まず、進学校であれば、どの学校も「先取りのカリキュラム」が構築されていて、学校側の敷いたレールに乗りさえすれば、一流大学の合格切符が必ず獲得できるというのは残念ながら「幻想」です。

確かに、きめ細やかなシラバス(授業計画)が用意されていて、学習進度が早いところが進学校では目立ちます。さらに、大学受験という「目標」があるため、勉学を怠けにくい環境にあるのは間違いありません。同級生たち全員が大学受験を意識して日々学習に励んでいるため、その雰囲気に良い意味で巻き込まれることもあるようです。

しかしながら、進学校の学習進度が早いがゆえに、そこから取りこぼされて、日々の学習に悪戦苦闘する生徒たちも一定数います。

そうなったときの各校の個別フォロー体制はさまざまです。追試や補習授業などを徹底する学校もあれば、そのまま放置するような学校もあるのです。前者は近年めきめきと伸長している新興の学校、後者は伝統校や名門校に顕著な特徴であるように感じます。

編集部からのお知らせ!

関連記事